1. TOP>
  2. ベッド・寝具>
  3. サイズの選び方

ベッドサイズの選び方

お部屋やライフスタイルに応じてピッタリのベッドサイズをお選び下さい。

セミシングル サイズ

シングルサイズより幅が狭く、お子様や小柄の女性にピッタリなサイズです。

シングル サイズ

一人暮らしや自分の部屋がある場合、一人で寝るにはこのシングルサイズがおススメです。 幅は約100cmとなります。

セミダブル サイズ

シングルサイズよりゆったりと眠りたい場合、幅が約120cmのセミダブルサイズがおススメです。 一人で眠るにも広すぎず、寝返りしても余裕があります。また、遊びに来た恋人と二人で眠る事も可能です。

ダブル サイズ

二人で眠るにはダブルサイズがおススメです。 幅は140cmとなり、二人で眠るのに基本の大きさです。

クイーン サイズ

幅が約160cmあり、二人で眠っても余裕があります。また、小さいお子様と3人並んで仲良く眠る事も可能な大きさです。

キング サイズ

幅は200cmとなり、シングルサイズを2台並べた大きさとなります。 かなり余裕のあるサイズですので、よりゆったりと眠る事が出来ます。

ベッドサイズについて

一度購入すると、あまり買い替える事のないベッドですから、ベッドのサイズは慎重に選ぶ必要があります。
一日のうち、1/3を過ごすベッドなので、寝返りがしやすく、また、二人で眠る場合は、お互いの動きでマットレスに揺れや振動が伝わり目が覚めてしまう事もありますので、お部屋に余裕があるのなら、一つ大きめのサイズを購入するのも賢い選択です。

大きなベッドか、分割するか

また、夫婦でもダブルサイズではなく、シングルサイズやセミダブルサイズを2台を購入される夫婦も多くいらっしゃいます。
やはり、ダブルサイズで二人で寝ていると、寝返り等の揺れや振動で眠れない事が多く、掛け布団も取り合いになり、寒くて目が覚めると旦那が布団を独り占めしていたといった話はよくあります。
この場合、シングルやセミダブルを2台置く代わりに、クイーンサイズかキングサイズを購入する方法もあります。
クイーンサイズやキングサイズのマットレスは、セミシングルかシングルサイズのマットレスを2つ合わせて使用するベッドが多く、お互いのマットレスが独立し、揺れや振動が伝わらなくなります。
掛け布団や毛布は、シングルサイズかセミダブルサイズを2枚使用すれば布団の取り合いにもなる事がないのでおススメです。

狭いより広いほうがいい

お部屋が狭い場合は、シングルサイズよりも幅の狭いセミシングルがありますが、どうしても部屋にスペースが無くセミシングルしか置けない場合を除き、あまりお勧めはできません。
セミシングルサイズは、幅が狭いので寝ている間に掛け布団が落ちやすく、また、寝返り時にベッドから床に落ちる事も多くなりますので、寝相の悪い方にとっては危険で快眠とは程遠いベッドとなります。

一人で寝る場合は、シングルサイズがピッタリなのですが、お部屋に余裕がある場合は、セミダブルサイズがいいと思います。
やはり、寝返りのしやすさでは少しでも広いベッドがよく、また、マットレスの為には今日は右よりで、明日は左よりで眠ると、毎日同じ位置で寝ている場合に比べて、マットレスのヘタリが軽減され、長持ちすることになります。